豊洲の水辺で遊ぶ   ~武器はSUP~

水辺に囲まれながらも『陸』と『水辺』が断絶された地元豊洲。豊洲を拠点に、もっと水辺と触れ合える機会や場所を作る為のゲリラ活動ブログ。      【ほぼ毎週月曜夜更新】

ハワイ男旅【悲惨編】

f:id:bigstrategy:20170719173052j:plain

 

 

 

 

こんにちは、Daiです。

 

 

 

 

お陰様で今年もハワイへ社員旅行に行けることとなりました!

 

 

 

 

社内では子どもがいる社員も増えてきたこともあり、エアー料金を自己負担すれば「子連れOK」との配慮が。

 

 

 

 

そこで、「ブー」を垂れる嫁と娘を尻目に、6歳の息子と2人「ハワイ男旅」を決行することに!

 

 

 

 

プランニングをするのが結構好きな私。5泊7日を2人でどう遊びまくるか計画を練ります。

 

 

 

 

その案の1つが、カイルアビーチから息子をSUP(スタンドアップパドルボード、通称サップ)に乗せての「ポポイア島上陸作戦」。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20170721150027j:plain

▲奥の平べったい島がポポイア島、別名『フラットアイランド』 

 

 

 

 

以前、1人で漕いできた*1ので大体要領は得ています。

 

 

 

 

しかし問題が1つ。私のボードの浮力は95㎏までに対し、私の体重は77㎏、息子は6歳ながら30㎏のヘビー級。計107㎏だとさすがに浮力がキツい。。。

 

 

 

 

そこで、2台目のニューボードを購入したSUP仲間のイトマサさんに、105㎏まで浮力のある1号機をお借りできるか聞いてみたところ、ご快諾頂けました!

 

 

 

 

イトマサさん、あざっす!! 

 

 

 

 

これで親子2人で遊びつくせるぜ!と胸を弾ませ、準備に勤しんだのでした。

 

 

 

 

 ★★★★★

 

 

 

 

スーツケースとお借りしたボードを抱え、成田空港でチェックインします。

 

 

 

 

手荷物カウンターでグランドホステスさんに「コレは何ですか?」と聞かれたので、「SUPです!スタンドアップパドルボー・・・」と口をついた瞬間、

 

 

 

 

「あぁ~パドル持ってくるの忘れたぁ~!」

 

 

 

 

と絶叫。

 

 

 

 

「大丈夫ですか!?」と唖然とするグラホのおねーさん(苦笑)

 

 

 

 

いきなり凹みますが、現地でパドルを借りるしかないなぁと。

 

 

 

 

iPhoneでワイキキのレンタルサーフボードショップをチェックしてみると、SUPも貸してくれるところを2~3店舗発見。パドル単体でも借りられるだろう!とまずは一安心したのでした。

 

 

 

 

★★★★★

 

 

 

 

「ホノルル国際空港」改め「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に到着し、レンタカーを借りると、目星をつけたレンタルボードショップへと向かいます!

 

 

 

 

「ココだよなぁ」と店を覗くと・・・

 

 

 

 

つぶれとる!!

 

 

 

 

なんでやねん!と無駄足感を嘆きながら、別のボードショップへと車を走らせました。

 

 

 

 

パドルだけのレンタルは店員も初めてのようで、若干戸惑いつつも「5日間なら30ドルでいいよ」みたいな雑な感じがちょっとウケましたが、無事にパドルを確保!

 

 

 

 

よっしゃ!

 

 

 

 

いろいろあったけど(苦笑)これで男旅がさらに満喫できるぜ!

 

 

 

 

パドルも手に入れたことだし、初日はカイルアを攻めようかなと。

 

 

 

 

今回、我々の社員旅行のタイミングで、現地のサマースクールに通わせている友人親子がいたので、滞在中にタイミングが合えば一緒に遊ぶ約束をしていました。

 

  

 

 

その友人親子とも予定が合ったので、ピックアップします。そして「今日は子ども達をSUPでポポイア島まで連れてったる!」と、カイルアビーチパークへと向かったのでした。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20170731165722j:plain

 

 

 

 

1年ぶりのカイルアの美しい海!!

 

 

 

 

早速、ポンピングをしてSUPに空気を入れると・・・

 

 

 

 

かすかに漏れ聞こえてくる「シュー」という嫌な音。

 

 

 

 

???

 

 

 

 

ボードに穴があいとるやんけ(泣) 

 

 

 

 

なんともトホホな男旅のスタートとなったのでした(苦笑)

  

 

 

 

f:id:bigstrategy:20170720140904j:plain

※出発前日、イトマサさんとボードの状態が万全であることを確認させてもらっていましたが、気圧によって畳んだSUPの折り目に穴が開いてしまった模様。ホント申し訳ないっす。。。

 

 

*1:ハワイが10倍楽しくなる!SUPクルーズ 【初級】カイルア編