読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊洲の水辺で遊ぶ   ~武器はSUP~

水辺に囲まれながらも『陸』と『水辺』が断絶された地元豊洲。豊洲を拠点に、もっと水辺と触れ合える機会や場所を作る為のゲリラ活動ブログ。      【ほぼ毎週月曜夜更新】

『クレイジーSUPクルーズ』やってみよう!

f:id:bigstrategy:20160325182405j:plain

 ※画像の行為は、深川警察署より口頭で了解を頂いています!

 

 

 

 

こんにちは、Daiです。 

 

 

 

 

今更ながらですが、水辺が柵で囲まれた豊洲でSUP(スタンドアップパドルボード、通称サップ)をする!というのは、やはりどうやら変人のようでして。。。

 

 

 

 

ここしばらく、地元の新たなSUP仲間が増えていません(苦笑)一方、SUP経験者からは「豊洲でSUPをやってみたい!」というお声をちょいちょい頂くんです。。。

 

 

 

 

これまでいろいろ思うところ!?があり、ブログ経由で「豊洲でSUPをしたい!」とご連絡を頂いてもお誘いできていなかったのですが、ちょっと心境が変わった!?こともあって、豊洲でのSUPに興味を持たれた方に、私が一緒にお付き合いするという「豊洲クレイジーSUPクルーズ」をしてみることにしました!

 

 

 

 

どうでもよい話なのですが(苦笑)その理由を書きます!

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20160329130642j:plain 

 

 

 

もともとSUPを使って「豊洲の水辺で遊ぶ!」にあたり、1人よりも仲間は多いほうが楽しい!と思って、仲間を増やすべくブログを始めました。

 

 

 

 

ただ、その主旨は、豊洲の住民の方に「遠くの自然に遊びに行くのもいいけど、目の前にある水辺で遊んでも楽しいんだぜ」ということを伝えたい!という想いだったんです。

 

 

 

 

しかし、SUP人口がまだ少ないからなのか!?柵を越えてる私のアタマがおかしいからなのか!?ブログを通じてご連絡を頂く方で、地元豊洲の方はあまりいません(苦笑)

 

 

  

 

また当初、SUPのエントリー場所に若干事情!?*1があったこともあり(苦笑)、「初対面」且つ「地元にお住まいではない方」をお誘いしてまでやるべきか迷っていました。

 

 

 

 

少々ややこしくて恐縮なのですが、このブログの題名にあるとおり、私は「SUPをする」のが目的なのではなく、「豊洲の水辺を解放する」ことが目的だったりするんです(苦笑)なので、地元の方が中心でないと意味合いがちょっと変わってしまうなと。

 

 

 

 

結局、地元の友人達に「SUPやろうぜ!」と片っ端から声をかけ、興味を持ってくれた仲間にボードを買ってもらい、一緒に「都市運河SUPの注意点」を共有しながら今に至ったわけです。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20160325134928j:plain

 

 

 

 

先日、横浜「水辺荘」主催のSUPツアーに参加*2させて頂く機会がありました。

 

 

 

 

行ったことのない場所、見たことのない景色、その土地の歴史をSUPを漕ぎながら触れてみることは、めちゃめちゃ楽しい!!と改めて実感。

 

 

 

 

f:id:bigstrategy:20160325171620j:plain

 ©水辺荘

 

 

 

 

地元の江東区は、運河や河川が縦横に走りSUPクルーズのコースには事欠きません。こんな贅沢な水辺、なかなか無いんです!しかも東京のど真ん中で。

 

 

 

 

しかし、地元の住民でもそのことに気づけない。。。

 

 

 

 

建物は運河に背を向け、水辺には柵が張り巡らすことによって、人々の意識から運河はどんどん日陰の存在になってしまったのでしょう。。。

 

 

 

 

でも、SUPやカヤックをする方であれば、江東区の水辺資産の価値は十分に伝わり、喜んでもらえる!と確信しています。

 

 

 

 

とはいえ、大人であればある程「柵を越える」ということに心理的なハードルがあることも重々承知(苦笑)

 

 

 

 

でも、地元のSUP仲間を見ていると「誰かがやっていれば」「1度でも柵を越えてしまえば」抵抗は無くなるっぽいですよ(笑)

 

 

 

 

ということで、地元の方かどうかに関わらず、興味を持った方に運河を「身近な自然の遊び場所」として実感してもらう機会を作ろうと思いました!

 

 

 

 

都市運河SUPをする際のマナーや安全面の心構えを共有し、エントリーポイントの案内、柵越えのお手本(笑)、そしてケガや事故の無いようサポートをしながら、江東区の豊かな水辺で一緒にSUPクルーズをしようと。

 

  

 

 

ただ、本音を言わせて頂くと初対面の方をアテンドするのが、若干の手間だったり何かと気を遣う!?こともあって、ボランティアとして積極的に案内することにノリノリになれず。。。若い女の子なら話は別なのですが(笑)

 

 

 

 

そこで、ガイド料という名のカンパ!?を頂戴することで、自分的にも積極的に都市運河SUPの魅力を紹介させてもらえるかな!と思った次第です。

 

 

 

 

ということで、こんなの作ってみました!

 

 

 

 

★クレイジー豊洲SUPクルーズ!★

 

 

 

 

こちら、誠に勝手ながら対象は「マイSUPボードをお持ちのSUP経験者の方」とさせて頂きました。※十分なSUP経験をお持ちの方であれば、私のSUPボードをお貸しすることも可能なので、ご相談いただければと思います!

 

 

 

 

運河では船舶が頻繁に通っています。新参者のSUPは漁協事業者やクルーズ業者といった動力船の皆様にご迷惑をかけないよう、参加者のSUP経験や人数をまずは自制をさせて頂こうと思っています。

 

 

 

 

引き波(船の通行時に発生する波)はいわずもがな、天候によって風やうねりも発生するので、SUP初心者の方が練習をするには適していない場所という判断もあります。

 

 

 

 

豊洲の水辺を誰でも遊べる場所にしたい!というのが本来の想いなので、制限をつけることは不本意なのですが、何よりも無茶をして事故が起こることだけは避けたく。。。

 

  

 

 

最近、都内でもお台場海浜公園や旧中川をはじめ、お手軽にSUP体験ができる場所や機会は増えています!経験の無い方であれば、まずは水面が安定した場所で経験を積んで頂き、自由に漕げるようになったら、是非豊洲に来て頂きたい!と思っています。

 

 

 

 

ちなみに、これは私にとって「仕事」ではないので、あくまで不定期の開催になることや、ご参加者を極力サポートさせて頂きつつもケガや事故については参加者の自己責任に基づくということはご容赦頂きたく。。。 

 

 

 

 

まぁ、限りなくマニアックな嗜好の方へのご案内だったりするので、ぶっちゃけそうそう反応があるとも思っていないのですが(苦笑)

 

 

 

 

「クレイジーSUPクルーズ!」を通じ、都市運河のマナーを踏まえ、安全を確保しながら遊ぶ「上品なゲリラ」の仲間が、1人でも増えてくれたらうれしいなと思っています!

 

 

  

 

f:id:bigstrategy:20160329135000j:plain